; Mythgraveyard




MYTH 1.3  README


----------------------------------------------------
内容:

1). イントロダクション

2). アップデート方法

3). サードパーティー製プラグイン

4). ボディーカウント

5). その他


--------------------------------------------------

■ イントロダクション

大変長らくお待たせいたしました。ようやくMyth 1.3 アップデータを皆さまにお届けできること
ができました。
このアップデート版により、さらにMythをお楽しみいただけることと存じます。

--------------------------------------------------

■ アップデート方法

アップデータの使用方法は、Macintosh版とWindows版では若干異なります。下記のそれぞれ
の手順にしたがってアップデート作業を行なって下さい。
尚、インストール作業の障害となる可能性があるため、アップデート作業中は
「Myth:闇の破壊神」のCD-ROMはCDドライブに入れておかないようにして下さい。

○ Macintosh版の場合

1)ハードディスク内にインストールされている「Myth 闇の破壊神」のフォルダを開きます。
2)「Myth 闇の破壊神」のアプリケーションのファイル名を「Myth The Fallen Lords」に
変更します。※ アプリケーション名を変更していない場合、アップデータ使用時にエラーが
発生します。
3)「Myth 1.3 Updater」を起動するとReadMe(英文)が表示されますので、「Continue」
をクリックします。
4)Mythのインストールされているハードディスクの名前を「Install Location」メニュー
から選択します。
5)「Install」ボタンをクリックします。


○ Windows版の場合

1)「Myth_1_3.EXE」を起動します。
2)「Myth 闇の破壊神」がインストールされているディレクトリ情報が表示されますので、
「Patch」ボタンをクリックします。
※ 画面表記は英語ですが、日本語版MYTHでもそのままご利用いただけます。

--------------------------------------------------

■ サードパーティー製プラグイン

ver1.3アップデータの目玉はこの「プラグイン機能」のサポートにあります。
サードパーティー製のプラグインをMyth関連のオンラインサイトからダウンロードして、Mythアプリケーションから利用することができます。
やり方は非常に簡単です。ダウンロードしたプラグインファイルをMythのPluginフォルダにコピーするだけです。Pluginフォルダは、tagsフォルダ内のlocalフォルダ内にあります。サードパーティー製のマップデータにはそのファイル名に拡張子 .gor が付けられています。マルチプレーヤーのオプション画面の右側にはPluginのリストが表示されており、Pluginフォルダにコピーされているプラグインはすべてこのリスト内に表示されるようになっています。
特定のプラグインをこのリスト内から選択しておくと、マップのリスト内に当該プラグインのマップが追加表示されます。

注意点:
1)プラグインを利用したネットワーク対戦では、それぞれに同じプラグインがインストールされている必要があります。
2)プラグインを途中で変更すると、その変更したプラグインを持っていないプレーヤーはゲームから追い出されてしまいます。プラグインを変更する場合は、参加しているプレーヤー全員が同じバージョンのプラグインを使用していることを確認して下さい。プラグインを探す場合は「http://www.bungie.net/community/」にアクセスされることをお薦めいたします。
3)Bungie及び販売代理店はプラグイン個々の動作についてはサポートしておりません。また、配布等についても行なっておりませんのでご了承下さい。
4)サードパーティー製プラグインはランクルーム、アンランクルームともに利用可能です。但し、ご使用になる際の全ての責任はプラグインの利用者にかかりますので、まずアンランクで当該のプラグインの動作に問題がないことを確認してからランクルームに移られることをお薦めいたします。
5)プラグインは拡張子.gorファイルとしてPluginフォルダに入っているものだけが利用可能です。既存のプラグインも合わせて拡張子.gorを付けたファイル名に変更する必要があります。
--------------------------------------------------

■ ボディーカウント

ver1.3アップデータではボディーカウントでのゲームに伴うトラブルを解消しました。

1)チェインライトニング、トラウキックなどのバグが修正されました。今後、フェドラの雷撃の射程距離は限定された範囲内にすべて納まります。
2)自責によって味方兵が死んだ場合、正しくマイナスにカウントされるようになりました。敵兵を殺して獲得したポイントと味方兵を自分自身で殺してしまった際の失点が同じ場合、そのゲームでは負けとなります。
スコアがマイナスになってしまう可能性も十分にありますので、ご注意下さい。(これは攻撃力の高いワイトを注意深く指揮しなければならないことを意味しています。誤ってワイトで味方兵を攻撃してしまうと大量ポイントを失うことになります)
3)爆薬などの設置による攻撃が成功した場合も、ある程度スコアに反映されるようになりました。
爆薬で破裂死した場合、そのユニットを失ったプレーヤーにマイナスポイントが科されます。これにより、爆薬で敵兵のスコアを下げさせることが可能になったわけです。爆薬などの攻撃ではその所有者を特定することが非常に難しく、スコア加算方式がとりにくいため、このような措置が取られているわけです。

--------------------------------------------------

■ その他

1)ver 1.2は、ver 1.3と互換性がありません。ver1.2でBungie.netにログインすると、ver1.3で開催されているゲーム名が「赤色」に見えて参加することができません。(ver1.3のプレーヤーも、ver1.2 で開催されているゲーム名が赤色に表示され参加することはできません)
2)すべてのランクルームでのゲームに6分の最小タイムが追加されています。

-------------------------------------------------

Bungie Tech Support


Tip: If an 'originally published at' link is not active it's because the page is no longer available.